ハーブの育て方:ハーブの植物図鑑トップページ

植物図鑑〜ハーブ〜

ハーブ植物図鑑 ワイルドストロベリー

年間を通して種子や苗、成株が購入できますが、店頭にはあまり出まわらないので、種苗店やハーブ専門店の通信販売を利用するとよいでしょう。

ハーブ植物図鑑 ローズマリー

ハーブへの関心が高まったため、どこの園芸店でも容易に手に入ります。育てるスペースに応じて立性が半匍匐性か匍匐性かを決め、枝数の多い苗を選びましょう。

ハーブ植物図鑑 レモングラス

園芸店で苗を購入する場合は、葉の緑色が濃い根張りのしっかりした株を選びましょう。葉が枯れたりしおれているもの、しっかり根づいていないものは避けます。

ハーブ植物図鑑 ルバーブ

ルバーブの苗や鉢は店頭にあまり出まわらないため、春先に種子を購入して栽培します。

ハーブ植物図鑑 リンデン

リンデンは、国内で種子や苗木が出まわることはほとんどありません。ハーブ農園などに問い合わせてみるとよいでしょう。

ハーブ植物図鑑 ラムズイヤー(ワタチョロギ)

ラムズイヤーは、春や秋に園芸店などに苗が出まわります。葉が生き生きとして、変色していないものを選びましょう。

ハーブ植物図鑑 ヨモギ

苗や種子は、一般の園芸店にはあまり出まわりません。春や秋に、自生しているものを採取し、移植するのがもっとも手軽ですが、国立公園など、自然保護のため植物の採取を禁じている区域もあるので注意が必要です。山野草やハーブを扱う種苗会社の通信販売を利用してもよいでしょう。

ハーブ植物図鑑 ユーカリ

ユーカリは、鉢植えが3〜10月にかけて出まわります。なるべく大きく、葉のたくさんついたものを選びましょう。

ハーブ植物図鑑 ヤロウ

ヤロウの苗は、4月半ば以降に多く出まわります。葉の先端が変色しているものを避け、茎が丈夫な苗を選びましょう。

ハーブ植物図鑑 モナルダ

苗は3〜5月にかけて出まわります。ただし、扱っている園芸店は多くないので、見つからない場合は種苗会社の通信販売などを利用しましょう。

ハーブ植物図鑑 メドゥスイート

メドゥスイートの苗は、一般の園芸店にはほとんど出まわりません。通信販売を利用するとよいでしょう。

ハーブ植物図鑑 ミントブッシュ

1年を通して苗木や成木が出まわります。徒長していない、葉つきのよいものを選びましょう。ハーブ店の通信販売でも入手できます。

ハーブ植物図鑑 マダー

マダーは年間を通して苗や成株を購入できますが、園芸店にはあまり出まわらないので、ハーブ専門店や種苗店の通信販売を利用するとよいでしょう。

ハーブ植物図鑑 ボリジ

ボリジの種子や苗は年間を通して入手可能ですが、苗を秋に購入して移植すると、病気や害虫の心配がなく、大株に育ちます。

ハーブ植物図鑑 ベチバー

ベチバーが店頭に出まわることはまずないので、ハーブ園などに問い合わせるか、栽培している人に分けてもらうとよいでしょう。

ハーブ植物図鑑 フェンネル

種子から育てるのが面倒な場合は、鉢植えの苗を購入し、植えかえしてもよいでしょう。葉がパリッとして、株元の球茎部の色が白く、つや、てりがあるものを選びましょう。

ハーブ植物図鑑 ヒソップ

ヒソップは年間を通して種子や苗、成株が購入できますが、店頭にはあまり出まわらないので、種苗店やハーブ専門店の通信販売を利用するとよいでしょう。

ハーブ植物図鑑 ハニーサックル

春から初夏にかけて苗や鉢植えが店頭に並びます。葉色が鮮やかで、株全体がしまり、根がよく張ったものを選びましょう。つるが徒長ぎみの苗は避けるようにします。

ハーブ植物図鑑 ニゲラ

種子は大型のガーデンセンターやホームセンターで、夏から秋にかけて入手できます。袋に書いてある日付けをチェックし、できるだけ新鮮な種子を購入しましょう。

ハーブ植物図鑑 ナスタチウム

害虫のほとんどは、苗や鉢の購入時にもち込まれます。ナスタチウムを購入する時は、葉裏や茎、鉢の中、鉢の裏側などを、よく調べましょう。

ハーブ植物図鑑 トウガラシ

トウガラシの購入アドバイス・・・5月ごろ、本葉10枚ほどの大苗が出まわります。茎が太く、節間のつまったものを選ぶとよいでしょう。

ハーブ植物図鑑 ディル

種子は一般の園芸店などで購入できます。また、ビニールポットに植えられた苗がハーブ専門の園芸店に出まわることもあります。購入する際には、葉がしおれておらず、茎がしっかりとしているものを選びましょう。

ハーブ植物図鑑 チャイブ

3月中旬ごろから園芸店などに苗が出まわるので、葉がたくさんついているものを購入しましょう。また、種苗メーカーなどからも種子が発売されており、通信販売や大きな園芸店などで入手できます。

ハーブ植物図鑑 タイム

苗を購入するときは、茎がしっかりしていて、丈夫そうなものを選びましょう。生育状態がよい株は、葉の緑が濃くて、香りが強く、丈が詰まっています。立性タイプのものは、茎が細いとまっすぐ伸びず、見栄えが悪くなります。また、枝が徒長したものは日照不足の可能性があるので、避けたほうがよいでしょう。

ハーブ植物図鑑 セルリアック

セルリアックの種子は店頭にほとんど出まわらないので、大型園芸店などに問い合わせて取り寄せるか、通信販売を利用するとようでしょう。

ハーブ植物図鑑 シナモン

シナモンは・・・まれに若木の鉢植えが店頭に並びますが、大きなガーデンセンターに注文して取り寄せるほうが確実です。

ハーブ植物図鑑 サフラン

球根は、大型で色つやがよく、手にもってみて重く感じられるものがよいでしょう。また、外皮をはがしてみて、傷や病気やカビにおかされてない健康なものを選びましょう。

ハーブ植物図鑑 コリアンダー

コリアンダーの苗は、春先から園芸店などに出まわります。勢いのある株を選び、購入したら早めに広い場所に植えかえてやりましょう。植えつけの際は、細い根毛を傷めないように注意してください。

ハーブ植物図鑑 ゲッケイジュ

ゲッケイジュの鉢植えや根巻き苗は園芸店や植木市で入手できます。植えかえ時期である春に購入すれば、そのまま鉢や庭への植えかえが可能です。葉の色がきれいで、根がよく張ったものを選ぶとよいでしょう。

ハーブ植物図鑑 クリスマスローズ

鉢植えのクリスマスローズは、園芸店や植木専門店などで入手できます。すぐに定植できる夏の終わりから初秋にかけて購入するとよいでしょう。

ハーブ植物図鑑 キャットニップ

キャットニップを購入する時は、茎がしっかりし、葉の緑がいきいきと濃く、香りの豊かな苗を選びましょう。

ハーブ植物図鑑 カモミール(カミツレ)

種を購入する場合は何の問題もありませんが、苗の場合は、茎がしっかりとしていてつぼみをたくさん持っているものを選びましょう。葉が黄ばんでいるものや、茎が細く折れそうなものは避けましょう。

ハーブ植物図鑑 オレガノ

購入時には、茎が太くて葉色が濃く、よく茂った苗を選びましょう。ひとつの鉢にいくつもの苗が植えてあるものは避けます。苗を購入したら植えつけするまで日陰に置き、土が乾いてから水を与えます。

ハーブ植物図鑑 エニシダ

エニシダの購入アドバイス・・・2〜6月にポット苗が出まわります。根鉢のしっかりしたものを選びましょう。

ハーブ植物図鑑 ウォールジャーマンダー

ウォールジャーマンダーは、園芸店に苗や鉢植えが出回ることはまれなので、ハーブの専門店で入手するとよいでしょう。節間がつまっていて葉が密につき、葉色に光沢のあるものが良品です。

ハーブ植物図鑑 イランイラン

イランイランは園芸店などに出まわることはほとんどなく、植物園などから分けてもらう以外、苗の入手はむずかしいかもしれません。根のよく張った、病気のないものを選んでください。

ハーブ植物図鑑 アニス

種子は、年間を通して園芸店やハーブ専門店で入手できます。ただし、置いている店は少ないので、種苗会社やハーブ農園に問い合わせ、通信販売などを利用するとよいでしょう。ちなみに、スパイスとして売られているアニス・シードからは、栽培できないので注意が必要です。

更新履歴

この記事のカテゴリーは「植物図鑑〜ハーブ〜」です。2008年01月09日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「植物図鑑〜ハーブ〜」です。2008年01月05日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「植物図鑑〜ハーブ〜」です。2008年01月03日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「植物図鑑〜ハーブ〜」です。2008年01月01日に更新しました。

カテゴリー
サイト内検索