「ハーブの育て方」トップ > 植物図鑑〜ハーブ〜 > ハーブ植物図鑑 イランイラン

ハーブ植物図鑑 イランイラン

ハーブのアイコン学 名:Cananga odorata Hook.& Thoms.(カナンガ オドラタ)
ハーブのアイコン科 目:Annonaceae(バンレイシ科カナンガ属)
ハーブのアイコン原産地:不明

タガログ語で「花の中の花」という意味の名前で呼ばれ、夏に芳香豊かな花をたくさん咲かせます。カナンガ属は熱帯の常緑高木で、東南アジアからヒマラヤ、オーストラリアにかけて2種が自生しています。日本ではそのうちのカナンガ・オドラタが植物園などで栽培されています。成熟すると高さが25mまでに生長し、葉は大型の長卵形で10〜20cm。筒状の花柄をもち、葉腋から下垂する花は、咲き始めは緑色をしていますが、やがて黄緑色から緑を帯びた黄色に変わり、色が変わるにつれて、ジャスミンに似た甘い香りを強くしていきます。

新鮮な花を蒸留してつくるイランイラン油は香水の原料となり、東南アジアでは香油を採るための栽培が行われています。とくに蒸留して最初に得られる油は良質で、ヨーロッパでは19世紀の中ごろから高級香水の原料として高い評価を得てきました。また、東南アジアを中心にレイの素材として使われ、さらに薬用や鎮静作用、リラクゼーションに効果的なハーブとして多用されています。高温多湿の環境を好むので、日本での栽培は温室で行う必要があります。



イランイランの栽培ポイント

ハーブ小アイコン栽培(難易度:★★★☆☆)
非耐寒性の植物ですが、温度さえあれば栽培は容易です。ただ、大きく育たないと花が咲かないので、かなりの高さと広さのある温室で育てる必要があります。
ハーブ小アイコン生育温度
生育するための最低温度は20℃です。高温でよく育ちます。
ハーブ小アイコン手入れ
花精油を目的にした栽培では、開花すると枝を刈り取ってしまいますが、花後に背を高くしたくないときは、整枝をするとよいでしょう。
ハーブ小アイコン日照
年間を通して日向を好みます。
ハーブ小アイコン水やり
乾燥にやや弱い性質をもっています。つねに表土が湿り気を帯びた状態にしておくのが、水やりのポイントです。
ハーブ小アイコン
とくに土質は問いませんが、水はけがよく、適度に保水性のある肥沃な土地が向いています。
ハーブ小アイコン肥料
植えつけ時に堆肥などの有機質の肥料を施しますが、土が肥えていれば特別の施肥は必要ありません。
ハーブ小アイコン植えかえ
植えかえの必要はありません。

イランイランの殖やし方

3年ほどして2mに生長した木の頂生芽を、挿し木にして殖やします。また、花後につく黒い実が熟したら摘み取り、6〜8月に種まきをします。


イランイランの病気対策と害虫防止

◎新芽や葉裏にアブラムシが発生しやすい植物です。アブラムシは繁殖力が旺盛なうえ、なかには植物ウイルス病を媒介するものもあります。見つけたら早期の駆除が肝心です。オルトラン剤、ジメトエート乳剤、スミチオンなどを散布しましょう。

この記事のカテゴリーは「植物図鑑〜ハーブ〜」です。
関連記事

ハーブ植物図鑑 ワイルドストロベリー

年間を通して種子や苗、成株が購入できますが、店頭にはあまり出まわらないので、種苗店やハーブ専門店の通信販売を利用するとよいでしょう。

ハーブ植物図鑑 ローズマリー

ハーブへの関心が高まったため、どこの園芸店でも容易に手に入ります。育てるスペースに応じて立性が半匍匐性か匍匐性かを決め、枝数の多い苗を選びましょう。

ハーブ植物図鑑 レモングラス

園芸店で苗を購入する場合は、葉の緑色が濃い根張りのしっかりした株を選びましょう。葉が枯れたりしおれているもの、しっかり根づいていないものは避けます。

ハーブ植物図鑑 ルバーブ

ルバーブの苗や鉢は店頭にあまり出まわらないため、春先に種子を購入して栽培します。

ハーブの育て方:メニュー
スポンサードリンク
新着コンテンツ