「ハーブの育て方」トップ > 植物図鑑〜ハーブ〜 > ハーブ植物図鑑 キャットニップ

ハーブ植物図鑑 キャットニップ

ハーブのアイコン学 名:Nepeta cataria(ネペタ カタリア)
ハーブのアイコン科 目:Labiatae(シソ科イヌハッカ属)
ハーブのアイコン原産地:西アジア、ヨーロッパの温帯地域

キャットニップはネコが大好きなハーブで、キャットミントという別名もあるシソ科の多年草。日本では、イヌハッカ、あるいはチクマハッカと呼ばれ、中部地方以北の本州に分布しています。ギザギサの鋸歯が入った卵形の葉はマタタビやミントに似た強い香りをもち、夏に咲く白や淡青色の唇形の花には紫色の小さな斑点が見られます。
その用途は、乾燥させた葉を詰めたネズミのぬいぐるみ(キャットニップ・マウス)がネコの玩具になるほか、スープやソースの香りづけやハーブティーなど多彩です。



キャットニップの栽培ポイント

ハーブ小アイコン栽培(難易度:★★☆☆☆)
耐寒性があるので、日当たり水はけにさえ注意すれば、栽培はとくにむずかしくありません。種まきは、春まきなら3月下旬〜5月下旬、秋まきなら9〜10月が最適。本葉が4〜6枚に生長したら、20〜30cmの株間をとって定植し、元肥を施します。なお、鉢植えで栽培する場合は、深く大きな鉢を選ぶとよいでしょう。
ハーブ小アイコン生育温度
生育適温は15〜20℃ですが、耐寒性が強いので、土が凍らなければ、戸外での冬越しが可能です。
ハーブ小アイコン手入れ
草丈が30cmくらいに伸びたところで主枝の先を摘み取ると、側枝を伸ばして花をつけます。また、株が小さいうちは周囲の雑草に栄養分を吸収されがちなので、こまめに除草しましょう。
ハーブ小アイコン日照
年間を通して、日向で育てます。
ハーブ小アイコン水やり
11〜3月は土の表面が乾いて2〜3日してから、そのほかの時期は土の表面が乾いたらすぐに水を与えます。とくに7〜8月は土が乾きやすいので、土の状態をこまめに確認しましょう。
ハーブ小アイコン
赤玉土または畑土7、腐葉土3の割合で配合した用土に、少量の石灰を混ぜたものが最適です。
ハーブ小アイコン肥料
苗の定植時には元肥として、芽出し時期や花後には追肥として、収穫後にはお礼肥として、それぞれ師範の緩効性化学肥料を土1L当たり2gほど与えるとよいでしょう。開花時期には、肥料を控えるのがポイントです。
ハーブ小アイコン植えかえ
植えかえは必要ありません。
ハーブ小アイコン収穫時期
生葉は、いつでも摘んで利用することが可能ですが、保存する場合は、つぼみがつき始めたころに収穫するのがベスト。茎ごと株元から刈り取り、風通しのよい日陰に吊るして乾燥させると、より強い香りを楽しめます。

キャットニップの殖やし方

実生のほか、株分け・刺し芽で殖やせます。
株分けは、休眠中で芽を出していない3月中旬〜4月中旬もしくは、生育が緩やかになる9月中旬〜10月中旬に行います。このとき、地上部分は切り戻し、新根を残して黒く腐った古い根を取り除きましょう。
いっぽう、挿し芽の時期は4〜6月。若く勢いのよい芽先を7〜10cm切り取り、バーミキュライトなどを使った挿し床に2cmほどさし、根づいたら定植します。


キャットニップの病気対策と害虫防止

◎ネコが株を荒らすことがあるので要注意。ネコよけとして、周囲にとげのあるキイチゴやノイバラを植えたり、金網や栗のイガで囲ったりするのが効果的です。

この記事のカテゴリーは「植物図鑑〜ハーブ〜」です。
関連記事

ハーブ植物図鑑 ワイルドストロベリー

年間を通して種子や苗、成株が購入できますが、店頭にはあまり出まわらないので、種苗店やハーブ専門店の通信販売を利用するとよいでしょう。

ハーブ植物図鑑 ローズマリー

ハーブへの関心が高まったため、どこの園芸店でも容易に手に入ります。育てるスペースに応じて立性が半匍匐性か匍匐性かを決め、枝数の多い苗を選びましょう。

ハーブ植物図鑑 レモングラス

園芸店で苗を購入する場合は、葉の緑色が濃い根張りのしっかりした株を選びましょう。葉が枯れたりしおれているもの、しっかり根づいていないものは避けます。

ハーブ植物図鑑 ルバーブ

ルバーブの苗や鉢は店頭にあまり出まわらないため、春先に種子を購入して栽培します。

ハーブの育て方:メニュー
スポンサードリンク
新着コンテンツ