「ハーブの育て方」トップ > 植物図鑑〜ハーブ〜 > ハーブ植物図鑑 タイム

ハーブ植物図鑑 タイム

ハーブのアイコン学 名:Thymus vulgaris L.(ティムス ウルガリス)
ハーブのアイコン科 目:Labiatae(シソ科ジャコウソウ属)
ハーブのアイコン原産地:地中海沿岸

ヨーロッパ南部の地中海沿岸地方を中心に、北半球に広く分布するシソ科の多年草です。「勇気」を意味するギリシャ語のthymonがその名の由来で、「タイムの香りがする」というのは気のきいたほめ言葉でした。
全草が食用・香料・クラフトに利用できますが、花壇の縁取りやグラウンドカバーとしても観賞できるハーブです。抗菌防腐作用のあるチモールという成分を含み、風邪や消化不良、駆虫などにも効果があります。

レモンタイム、ワイルドタイム、ゴールデンタイム、シルバータイムなど、約35の品種があり、立性タイプと葡匐性タイプに大別されます。日本に自生するイブキジャコウソウは後者に属します。葉・茎・花の色や形は品種によって異なりますが、どれも肉厚の葉をもち、4弁の花を咲かせます。一般にタイムと呼ばれるのはコモンタイム。立性タイプで、灰緑色の葉とピンクの花が特徴です。



タイムの栽培ポイント

ハーブ小アイコン栽培(難易度:★★☆☆☆)
高温多湿になる時期には収穫を兼ねて刈り込むなどの手入れが必要ですが、寒さに強く、たいへん丈夫で、病気や害虫の被害も受けにくいので、比較的育てやすい植物といえるでしょう。日当たりと水はけと通気性のよい場所で、肥料は控えめにして栽培します。また、4〜5年に1回、株分けをするとよいでしょう。
ハーブ小アイコン生育温度
適温は10〜25℃ですが、耐寒性があるので、氷点下にならなければ屋外で冬越しができます。霜の被害で葉が黒ずんだときは鉢土にわらなどをかぶせましょう。
ハーブ小アイコン手入れ
1年に2回剪定します。梅雨入り前には株が蒸れるのを防ぐため、晩秋には翌春によく芽をださせるために行います。一度の剪定で、株全体の3分の1を刈り込みましょう。
ハーブ小アイコン日照
日陰でも育ちますが、日の当たる場所のほうがよく生育します。
ハーブ小アイコン水やり
植えつけ直後はたっぷりと、その後は土の表面が完全に乾いてから水をやります。冬場は、根腐れしないように、乾いてからさらに2、3日おいて与えるようにしましょう。
ハーブ小アイコン
赤玉土7、腐葉土3の割合で配合した用土が適しています。酸性の土壌を嫌うので、少量の苦土石灰を混ぜて、成分を中和させてから使用しましょう。
ハーブ小アイコン肥料
元肥には緩効性化成肥料が適しています。追肥としては、盛夏を除く3月中旬〜11月中旬に、生育状態を見ながら株のまわりに粒状の化成肥料を与えます。肥料を施しすぎると香りが弱くなります。
ハーブ小アイコン植えかえ
基本的に植えかえの必要はありませんが、根の生育が比較的早いので、根詰まりには注意しましょう。底穴から根がでていたら、鉢から株を取りだして大きい鉢に植えかえるか、株分けを行います。芝生に混植するのもよいでしょう。時期は、3月中旬〜4月下旬か9月中旬〜10月中旬が適しています。
ハーブ小アイコン収穫時期
常緑小低木なので1年を通して収穫できますが、もつとも香りが強いのは開花前後の4〜6月中旬です。剪定した枝は束ねて日陰に吊るし、ドライハーブにして利用するとよいでしょう。

タイムの殖やし方

挿し木で殖やします。5〜6月または9〜10月に、つぼみのついていない木質化した枝を7cmほど切り、下葉を取って30分ほど水揚げしてから、斜め切りにして、バーミキュライトを入れた平鉢に挿します。挿す深さは、2〜3cmがよいでしょう。そのあとたっぷりと水をやり、雨の当たらない明るい日陰に置いて、土を乾かさないように管理しましょう。2週間ほどで発根するので、2〜3号のポリ鉢に仮植えし、底穴から根が見えてきたら、苗よりひとまわり大きな鉢に定植しましょう。


タイムの病気対策と害虫防止

◎とくに病気や害虫の心配はありませんが、梅雨時から夏場にかけて、根腐れを起こしたり、葉が次々に茶色くなったりすることがあります。これは、株の周囲の蒸れと日照不足が原因です。枯れた枝を取り除き、株全体を整枝して、日当たりと風通しをよくしましょう。タイムは高温多湿に弱いので、水はけと風通しにはふだんから十分に気を配るようにしましょう。

この記事のカテゴリーは「植物図鑑〜ハーブ〜」です。
関連記事

ハーブ植物図鑑 ワイルドストロベリー

年間を通して種子や苗、成株が購入できますが、店頭にはあまり出まわらないので、種苗店やハーブ専門店の通信販売を利用するとよいでしょう。

ハーブ植物図鑑 ローズマリー

ハーブへの関心が高まったため、どこの園芸店でも容易に手に入ります。育てるスペースに応じて立性が半匍匐性か匍匐性かを決め、枝数の多い苗を選びましょう。

ハーブ植物図鑑 レモングラス

園芸店で苗を購入する場合は、葉の緑色が濃い根張りのしっかりした株を選びましょう。葉が枯れたりしおれているもの、しっかり根づいていないものは避けます。

ハーブ植物図鑑 ルバーブ

ルバーブの苗や鉢は店頭にあまり出まわらないため、春先に種子を購入して栽培します。

ハーブの育て方:メニュー
スポンサードリンク
新着コンテンツ