「ハーブの育て方」トップ > 植物図鑑〜ハーブ〜 > ハーブ植物図鑑 ベチバー

ハーブ植物図鑑 ベチバー

ハーブのアイコン学 名:Vetiveria zezanioides(ウェティウェリア ジザニオイデス)
ハーブのアイコン科 目:Geaminae(イネ科ウェティウェリア属)
ハーブのアイコン原産地:東南アジア〜インド、熱帯アフリカ

多年草のベチバーは、東南アジアからインド、熱帯アフリカにかけて分布するハーブです。根に虫除けの効果があるほか、根から採れるオイルは、石鹸や香水、菓子などの香料に使われます。
古くはハノチ島、レユニオン島、ジャワ島で、主に香油を採るために栽培されていました。現在ではインドネシア、インド、中国、ブラジルなどで栽培されており、インドでは、乾燥させた根で編んだスクリーンを濡らして家の戸口や窓にかけ、虫除けをかねて、室内を涼しくするのに利用しています。インド南部のものは良質で、輸出用の栽培も盛んです。また、根を約3mも地中に網状に這わせることから、インドやネパールでは土壌の侵食防止用にも植えられています。

草丈が2〜3mになる大型の植物で、繊維質の根茎は質感がスポンジに似ています。光沢のある葉は狭線形で、長さ30〜90cm、幅4〜10mm。葉緑が非常に鋭いので、扱うときには手を切らないよう注意しましょう。10月中旬〜12月に花が咲くこともあり、長さ30cm程度の円錐花序に紫色の小花をつけます。
根を1〜2週間浸して帰りを移したり、乾燥させたものを細かく切り、ポプリに加えて楽しんでもよいでしょう。



ベチバーの栽培ポイント

ハーブ小アイコン栽培(難易度:★★★☆☆)
耐暑性はあるものの、耐寒性がなく、冬期は暖かい室内で保温する必要があるため、鉢植えで育てます。多湿を好むので、年間を通して水やりを欠かさないようにしましょう。植えつけの適期は5〜10月。5号鉢に1本を目安に植えつけ、水をたっぷりと与えます。
ハーブ小アイコン生育温度
適温は20〜30℃。寒さに弱く、冬越しには15〜18℃が必要です。一方、夏越しはとくに問題ありません。
ハーブ小アイコン手入れ
とくに必要ありません。
ハーブ小アイコン日照
年間を通して、日当たりのよい場所で育てます。冬期に室内に置く際も、ガラス越しの日光に十分当てましょう。
ハーブ小アイコン水やり
多湿を好むため、年間を通して1〜2日おきに、たっぷりと水を与えます。
ハーブ小アイコン
水はけのよい土が適しています。赤玉土4、腐葉土4、川砂2の割合で混ぜ合わせたものがよいでしょう。
ハーブ小アイコン肥料
元肥、追肥ともに必要ありません。
ハーブ小アイコン植えかえ
鉢に根が回ったら、株分けをかねて植えかえます。適期は5〜10月です。

ベチバーの殖やし方

根は、植えつきけから4〜6年後であれば1年中収穫が可能です。その際、葉緑で手を切られないよう注意しましょう。よく水洗いし、生のままあるいは乾燥させて利用します。


ベチバーの病気対策と害虫防止

◎病気や害虫の心配は、とくにありません。

この記事のカテゴリーは「植物図鑑〜ハーブ〜」です。
関連記事

ハーブ植物図鑑 ワイルドストロベリー

年間を通して種子や苗、成株が購入できますが、店頭にはあまり出まわらないので、種苗店やハーブ専門店の通信販売を利用するとよいでしょう。

ハーブ植物図鑑 ローズマリー

ハーブへの関心が高まったため、どこの園芸店でも容易に手に入ります。育てるスペースに応じて立性が半匍匐性か匍匐性かを決め、枝数の多い苗を選びましょう。

ハーブ植物図鑑 レモングラス

園芸店で苗を購入する場合は、葉の緑色が濃い根張りのしっかりした株を選びましょう。葉が枯れたりしおれているもの、しっかり根づいていないものは避けます。

ハーブ植物図鑑 ルバーブ

ルバーブの苗や鉢は店頭にあまり出まわらないため、春先に種子を購入して栽培します。

ハーブの育て方:メニュー
スポンサードリンク
新着コンテンツ