「ハーブの育て方」トップ > 植物図鑑〜ハーブ〜 > ハーブ植物図鑑 ボリジ

ハーブ植物図鑑 ボリジ

ハーブのアイコン学 名:Borago officinalis L.(ボラゴ オッフィキナリス)
ハーブのアイコン科 目:Boraginaceae(ムラサキ科ルリジサ属)
ハーブのアイコン原産地:地中海沿岸、北アフリカ

和名でルリジサと呼ばれるボリジは、その名のとおり瑠璃色(青色)の小さな花を咲かせます。また、強壮作用があるとされ、ヨーロッパでは「悲しみを吹き飛ばし、気分を陽気にする花」といわれてきました。草丈は15〜80cm、全体が白い毛で覆われ、若葉はキュウリに似た香りがします。花色は最初はピンクでしだいに瑠璃色へと変化しますが、最近では、変種の白花種も多くみられるようになりました。

花はサラダやケーキの飾り、アイスキューブの中身や砂糖漬けとして利用されます。また、ミネラル分の豊富な若葉はサラダや天ぷらにしても美味。さらに、花と葉からつくるインフュージョン(煎じ液または数時間水に漬けた浸出液)は、発熱や咳を抑えるほか、アドレナリンの分泌を促すことから、ストレスや抑うつの治療にも効果があります。



ボリジの栽培ポイント

ハーブ小アイコン栽培(難易度:★★☆☆☆)
3月中旬〜5月下旬に種子をまく春まきと、9月上旬〜10月下旬にまく秋まきがあります。米粒大の種子を日当たりがよく涼しい場所に30〜40cmの間隔で3〜4粒ずつ固めて直まきすると、10日ほどで発芽します。発芽率がよいので、鉢植えの場合は間引いて1本立ちさせて育てましょう。花期は春まきが6月上旬〜7月下旬、秋まきは3月中旬〜5月下旬で、病気や害虫の心配が少ない秋まきのほうがより大株に育ちます。
ハーブ小アイコン生育温度
適温は15〜23℃で、高温多湿を嫌い、やや涼しい環境を好みます。また、耐寒性もあるため、暖かい地域などでは冬越しすることもあります。
ハーブ小アイコン手入れ
梅雨時に株がむれて過湿状態になると、下葉が枯れることがあります。株間が込みあっていたら、間引いて風通しをよくしましょう。また、生長した花茎は倒れやすくなるので、支柱わ立てて保護します。
ハーブ小アイコン日照
日当たりのよい場所を好みますが、真夏の直射日光が強いと株が枯れることもあります。花壇などで栽培している場合は、すだれなどを使って遮光し、株が乾燥しないように注意しましょう。また、鉢植えの場合は、風通しのよい半日陰に移します。
ハーブ小アイコン水やり
土の表面が乾いたのを確認してから、たっぷり与えます。ただし、梅雨時は株間がむれると立ち枯れ病が発生しやすくなるので注意が必要です。また、植えかえ後しばらくは、株がしっかりするまで水やりを多めにしましょう。
ハーブ小アイコン
軽くて水はけがよく、乾燥した土わ好みます。赤玉土5、腐葉土3、ピートモス2の割合で混合したものを使用するとよいでしょう。
ハーブ小アイコン肥料
窒素成分を控えた揺効性肥料元肥として施すほか、花茎が立ち上がる前にも少量与えます。また、生育期には2週間に1回の割合で、1000倍に薄めた液体肥料を、開花するまで与えます。
ハーブ小アイコン植えかえ
ゴボウと同じく直根性なので、大きく成長したものは移植すると根が傷ついてしまいます。植えかえる場合は、本葉が4〜6枚ほどの苗の時期に行いとよいでしょう。3月中旬〜5月下旬もしくは9月上旬〜10月下旬に根鉢をくずさないように株を抜き取り、深鉢に植えつけたら、たっぷり水を与えます。
ハーブ小アイコン収穫時期
葉はやわらかい若芽を、花は咲いたものを、使う直前に摘み取ります。収穫は晴れた日に行い、よく切れるはさみやナイフを使いましょう。引きちぎると、切り口に傷がつき、病気の原因になることがあります。

ボリジの殖やし方

収穫した種子を使っての実生が可能です。また、枯れた株をそのままにしておいても、こぼれ種子から発芽します。


ボリジの病気対策と害虫防止

◎高温多湿の時期には、立ち枯れ病が発生しがちです。込みあった株を整理して、風通しをよくしましょう。また、種子をまくときには、病原菌のいない清潔な土を用いるよう心がけましょう。

この記事のカテゴリーは「植物図鑑〜ハーブ〜」です。
関連記事

ハーブ植物図鑑 ワイルドストロベリー

年間を通して種子や苗、成株が購入できますが、店頭にはあまり出まわらないので、種苗店やハーブ専門店の通信販売を利用するとよいでしょう。

ハーブ植物図鑑 ローズマリー

ハーブへの関心が高まったため、どこの園芸店でも容易に手に入ります。育てるスペースに応じて立性が半匍匐性か匍匐性かを決め、枝数の多い苗を選びましょう。

ハーブ植物図鑑 レモングラス

園芸店で苗を購入する場合は、葉の緑色が濃い根張りのしっかりした株を選びましょう。葉が枯れたりしおれているもの、しっかり根づいていないものは避けます。

ハーブ植物図鑑 ルバーブ

ルバーブの苗や鉢は店頭にあまり出まわらないため、春先に種子を購入して栽培します。

ハーブの育て方:メニュー
スポンサードリンク
新着コンテンツ